りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

自分の国のことは自分たちでやる時代が到来?

こんばんは。りくぼーです。


前回の歯医者の記事でアドバイスを下さった皆様、ありがとうございます。
親知らずの件は、次に歯医者に行った時に相談してみます。


いやー、とうとうオバマ政権からトランプ政権がスタートしましたね。
youtu.be
トランプ大統領の公約の根本にあるのは「アメリカファースト」。

今のアメリカは問題が多い、他の国を考える前に自分の国を何とかしなくてはいけない。だから、今のアメリカに必要なのは「アメリカ第一の政策」だ


トランプ大統領の報道や言動から、浮き彫りになってきた「アメリカの非常事態」の背景。
それをここまで他の国にアピールした大統領も珍しいですよね。

今はまだ明らかにされていないトランプ大統領の政治手腕。
アメリカが、世界が変わるかもしれません。
そしてこの日本も。

どうなるか、しかと見て考えなくてはいけませんね。


しかし、この日本でも小池都知事の「都民ファースト」といい、桜井誠氏の立ち上げた「日本第一党」といい、このような考えが広まってきた気がします。
英国もEU離脱しましたしね。


とりあえず思うのはもう、
グローバル化は限界を迎えたのかな」ということですね。

これからは「自分の国のことは自分の国でなんでもやる」というかつてのやり方になっていくのでしょうか。
アメリカだけではなく、すべての国が強くならなくてはいけない時代に。


そもそも、世界が一つになるには、国間での言語や文化の違い、考え方の違いが余りに大きすぎたんじゃないですかね。
そのお陰で日本にも太地町のイルカ漁や鯨漁に妨害行為を繰り返した、シーシェパードのような集団が現れた訳ですし。
↓2013年の在特会のカウンター行動の動画。31分47秒くらいの桜井誠氏の「君たちが大好きなイルカ、大変美味しいですよ。大変美味しゅうございます」という発言がシュール。
youtu.be


そんな世の中のグローバル化への疲れを感じる、今日この頃です。


最後まで読んで頂きありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。