りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

The Marshall Mathers LP / EMINEM

1週間ぶりの感想更新です。教習所でのAT限定解除が予想以上に掛かってしまい余り音楽が聴けませんでした…すみません。
さて今回は。
Marshall Mathers Lp
曲目リスト

1. Public Service Announcement 2000
2. Kill You
3. Stan feat. Dido
4. Paul skit
5. Who Knew
6. Steve Berman
7. The Way I Am feat. Marilyn Manson
8. The Real Slim Shady
9. Remember Me? feat. RBX and Sticky Fingaz
10. I'm Back
11. Marshall Mathers
12. Ken Kaniff skit
13. Drug Ballad
14. Amityville feat. Bizarre from D-12
15. Bitch Please II feat. Dr. Dre, Snoop Dogg, Xzibit and Nate Dogg
16. Kim
17. Under The Influence feat.D-12
18. Criminal

評価:★★★★★★★★☆☆

白人でありながらかなり酷い環境に育ち、Dr.Dreに才能を見いだされ、今では世界でも有名な地位を獲得し、黒人からもリスペクトを得る白人ラッパー、EMINEMの2ndアルバム。
2000年5月23日発売。
何とこのアルバム、発売後1週間で157万枚というセールスを記録し、ギネスブックに登録されたアルバムなんですよね。
要するにすごいアルバムってことです。(なんという適当な…

M-1のINTROを経て、母親に対する憎悪をラップしたM-2「Kill You」からEMINEMのラップの迫力とスキルが伝わってきます。やはり説得力がありますね。
M-3「Stan」はイギリスのシンガー、Didoの「Thank You」をサンプリングした楽曲で、よくあるラッパーとシンガーの楽曲みたいな感じですね。狂気じみたファンのファンレターに関しての曲で、どんどん内容が荒ただしくなって行きます。一聴した感じだと心地よい楽曲ですが、訳を見ると不気味な感じになります。こんなゾクゾクさせる楽曲も珍しいですね。

M-5「Who Knew」~M-7「The Way I am」まで随所にSkitを挟みながらEMINEMはトラックの上で好き勝手にラップしていきます。とにかく技術と迫力に圧倒されますね。リリックの内容も過激ですごいですけど。

M-8「The Real Slim Shady」はEMINEMにしか作れないだろうなあ、と思ってしまうコミカルなトラックでEMINEMのラップが暴れまわる名曲ですね。これはかなり好きです。ただ相変わらず内容が過激なのでこれで「踊ろう!」って気にはなりずらいですかね。

M-9「Remember Me?」はRBXと Sticky Fingazもいいですが、やはり最後のEMINEMがMVPです。鬼気迫るhookがすごいですね。

M-10「I'm Back」はEMINEMの別名である「Slim Shady」を強調している感じです。hookの子どもの合いの手が少しシュール。

M-11「Marshall Mathers」は切な気なトラックの上でEMINEMが相変わらずのラップを見せます。この「Mashal Mathers」の意味は分からないんですけど、リリックの内容を見るとただの人間みたいな意味なんでしょうか。

M-12にSkitを挟んでM-13「Drug Ballad」は名前の通りドラッグの曲。良曲ではありますけど、女性の声が余り必要性を感じませんでした。
EMINEMの盟友であるD-12からBizzareを向かえたM-14「Amityville」は曲自体がEMINEMのラップがかなりイ○れてる感じで怖いですが、訳を見るともっと怖い。残酷な表現が嫌な人は訳を見ないで下さい。

M-15「Bitch Please Ⅱ」は客演人を見てもらえると分かるようにDr.Dreとその周辺ラッパーを向かえたマイクリレー楽曲。シンプルなトラックの上でhookを挟みながらマイクを回す。よくあるタイプのマイクリレーですが、マイクリレーが好きな人なら確実に好きになるであろう楽曲。現に僕はかなりツボです。

M-16「Kim」は元妻のKimberly Mathersへのラブソングらしいですが、Wikipedia先生にもある通り、ほとんど侮辱しかしてません。
全体的にかなり感情がこもっているのを好きになれるかなれないかで評価がかわるでしょうね。

M-17「Under The Influence」は後にEMINEMがプロデュースするD-12のメンバーとマイクを回すマイクリレーもの。やはりEMINEMが目立ちますね。

M-18「Criminal」は犯罪者の映画を観ているような感覚ですね。訳を見ると。こういうのが好きな人にオススメできます。

EMINEMは間違いなくラップスキルは高いですし、リリックの才能もあるでしょう。ただ声が少し癖があるので嫌いな人は嫌いかもしれません。
流石に2000年から2010年で一番の売上だったのも頷けるアルバムなので、HIP HOPが好きな人や興味がある人は是非。

M-8「The Real Slim Shady」のPV。
youtu.be