読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

ひまわり / 遊助

ひまわり
曲目リスト

1. ひまわり
2. さくら物語
3. そよ風
4. ひまわり -instrumental-

評価:★★★★★★☆☆☆☆

遊助こと上地雄輔の1stシングル。
2009年3月20日発売。
2008年にクイズヘキサゴンⅡから島田紳助プロデュースでデビューしたユニット、羞恥心のメンバーであった上地がソロで出した作品ですね。
上地が交流のある餓鬼レンジャーのDJ N.O.B.Bとこっそり制作し、ヘキサゴンファミリーコンサート2008で披露した、お世話になった人に向けた感謝ソング「ひまわり」に加えて新曲2曲、インストという内容です。
良くも悪くもこのシングルから上地のミュージシャンライフが始まりました。

M-1「ひまわり」はYoutubeで生歌音源を聴いたのが最初でしたね。その時は正直余りいい印象がありませんでした。詞やメロディーはともかくとして、歌唱力がないように感じられたからです。
そしてこのCD音源ですが、今は機械で下手な歌を大分マシにできるだけあって、お世辞にも上手いとは言えませんが、普通に聴けるレベルには仕上がっています。
技術的には大したことないかもしれせんが、彼なりの感謝の気持ちは伝わってくるナンバーです。

M-2「さくら物語」はよくある桜絡みのナンバー。これはちょっといただけないですね。サビがイマイチよくありません。ちょっと悪い意味で適当に作った感じが否めないというか。「さくらララララララ」って…。

M-3「そよ風」は村山晋一郎氏が手掛けた和風のトラックが中々。上地の声との相性も悪くありません。「ひまわり」以上に心地よく仕上がっているナンバーでは。

最後に「ひまわり」のインスト。正直このインストが一番いい気がします。
上地の歌がないためより一層メロディーの心地よさが堪能できます。
カラオケ練習に使ってもいいでしょうし、これを利用して自分で詞を書くのもいいでしょうね。
フリースタイルは流石に少しキツいかな?

「ひまわり」のインストが一番いいという皮肉が起こってはいるものの、まあ元々歌手になる気なんて更々無かった人が即興で作ったものにしては良くできてる方ですかね。音楽ファンでも普通に聴けるレベルに達してはいるのでは。
カップリングの2曲はこのシングルにしか収録されていないので、彼のファンでしたらそれ目当てで買っても悪くないでしょう。

しかし企画ものとしてこの1枚で終わると思った人が多かったと思うんですけど、それどころか本格的にミュージシャンとして2009年中にシングルを後2枚出して、アルバムまで出してしまい、道を突き進んで今もなおミュージシャン活動を続けてるんですから、世の中分からないものです。
今年(2015年)には、奥さんも出来たのですから、頑張って奥さんを幸せにしてほしいものです。

M-1「ひまわり」のPV。

youtu.be