読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

Imagination / Deni Hines

イマジネイション

前回の感想からだいぶ間が空いてしまいました・・・すみません。

曲目リスト

1. I LIKE THE WAY
2. IT'S ALRIGHT
3. IT'S NOT OVER
4. LIKE A RIVER
5. YES WE CAN
6. JOY
7. IMAGINATION
8. GO SLOW
9. WHEN A WOMAN
10. PERSONAL
11. I'M NOT IN LOVE
12. JOY(IZ" MIX)
13. I LIKE THE WAY(GT's REMIX)

 

評価:★★★★★★☆☆☆☆

 

オーストラリアの歌手、Marcia Hinesの娘であり、自身も歌手であるDeni Hinesの1stアルバム。
1996年5月25日発売。
オーストラリアの歌手であるせいか日本版のWikipedia先生にも登録されておらず、大した情報もネット上に転がっていませんね。
国内版の詞カードに収録されている解説の方が余程詳しく載ってます。

それによると、なんとMarciaがDeniを産んだのは16歳の時で、出産9日後には仕事に復帰していたということ。その頃Marciaが脚光を浴びていた年だったので、多忙だったのでしょうね。その後もオーストラリアでスターへの街道を突っ走っていきます。Deniは母親のそんな姿を見て育ち、学生時代は母親がスターであったせいか壮絶ないじめを受け退校し、モデルの道を経て歌手に。
うーむ中々壮絶な人生。

余り詳しくは書きませんが、この1stアルバムを完成させるのも凄まじい労力と時間が掛かったとか。

まず前半の流れはなかなか。M-1「I LIKE THE WAY」、M-2「IT'S ALRIGHT」、M-4「LIKE A RIVER」辺りが素直にいいと思える楽曲群ですね。Deniの少し力強いけど綺麗な歌声とトラックの相性がいいです。
対訳を見るとしょっぱなから少しエロい曲で驚きましたけど。こんな詞歌ってたんか・・・。
後はMarciaをゲストに迎えたM-5「YES WE CAN」辺りが聴きどころでしょうか。

ただ後半は失速気味。イマイチな曲があり、パッとした曲がなし。悪いわけじゃないんですけど、いいなって思える曲もないです。
最後の日本版限定のRemix2曲は普通です。「I LIKE THE WAY」はM-1の原曲の勝利です。

彼女自身はかなり実力のあるシンガーだと思いますが、それだけに惜しい作品だと思いました。
次はもっと違う彼女に期待したいですね。