りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

North East Ⅱ -Respect From The Street- / V.A.

NORTH EAST 2

曲目リスト

1. North East Ⅱ Intro / DJ MARZ
2. This Is Game / EIGHT TRACK
3. Pledge Of Love / LGYankees feat. FRENZY
4. Peace My Life / 山猿、FRENZY、KAORU
5. Player's Party / RYO of LGYankees、TERRY、ZEKI
6. Party Around / Reb&Smoker feat. Keizo
7. Babylon System / L-B、Reo-G、Ox
8. Dilly-Dilly / GLOW feat. RYO of LGYankees
9. Enjoyment History / Gio&Keizo feat. 山猿
10. 6 For Playerz / NESCO feat. KAORU
11. Judge / HIRO of LGYankees、SMOKER、BUZZ、GLOW
12. Hustler Music / RAIDER feat. MISATO
13. D.E.E.A.L / BUZZ、Big-U、JACKALL
14. Reverse Of Mind / clef feat. BUZZ
15. Go Your Road / The Spider Nets feat. RAIDER
16. Outro / DJ BLANTZ
Bonus Track. Get Road / HIRO of LGYankees、TERRY、RAIDER、Gio

 

評価:★★★★★★★★★☆

 

LGYankeesのHIROがNO DOUBT TRACKSを設立した後すぐにリリースした東北コンピレーション「NORTH EAST」の第二弾。
2007年11月28日発売。
前作から9ヶ月という短いインターバルでリリースされた本作は、HIROの独自レーベルからリリースされたせいか、比較的満遍なく東北のアーティストを呼んだ前作と比べると、ファミリー色が強い内容です。一番参加が多いのはBUZZとTERRYとRAIDERでEIGHT TRACKの曲も含めて4曲参加してますな。HIROも推していたんでしょうか。
後のNO DOUBT TRACKSを代表するシンガーとなるNoaもKAORU名義で参加。

最も今は参加メンバーでNO DOUBT TRACKSにいるのが確認できるのはLGYankeesとNoaのみ。GIOはどうしてるんだろう?

 

EIGHT TRACKからDJ MARZの前作の曲をMixしたIntroで幕を開けます。さすがにMIX CDを出しているだけあってカッコいいですね。
M-2のEIGHT TRACKのマイクリレーが展開される「This Is Game」からぶっ飛ばされること必至。全員のラップもDJ No.2のトラックも文句なし。満足度100%のマイクリレーの後はしっとり系の楽曲が2曲。両方ともFUEKISS!!のトラックも参加アーティストもいい活躍っぷり。にしてもこんなトラックに「パパとママが*****合ってそうさ俺が誕生」なんてリリックを乗せてくる山猿はひどいと思います。
その後は2、3人のフロア、クラブ向けの楽曲が続きます。M-5「Player's Party」、M-6「Party Around」とかなり良いパーティーシットが2曲。自然と体が動いてしまうこと受け合い。(変な意味じゃないよ)
M-7「Babylon System」からHookがイマイチな曲が出てきます。
GLOWとRYOがAibeeのトラックの上で暴れまわるM-8「Dilly-Dilly」、HIRO、SMOKER、BUZZ、GLOWの4人がマイクを回す成り上がりシットのM-11「Judge」、RAIDERとMISATOが相性の良さを見せつけるM-12「Hustler Music」なんかはHook含めてみんなかっこいいんですけど、それ以外の曲はイマイチHookが良くないです。それでもラッパー達のラップがいいので楽しめますけどね。
M-14は以後にNO DOUBT TRACKSで出世するclefの失恋ソング「Reverse Of Mind」。このアルバムの中でも人気曲ですけど、個人的に余りいい曲と思ったことがありません。BUZZ必要ですかね?この曲。
M-15のThe Spider NetsとRAIDERの「Go Your Road」は3人のマイクリレーが素直に楽しめる1曲。
DJ BLANTZのOutroはかっこいいの一言。勿論これだけでは判断しかねますけど、DJ FILLMOREが「総合的なスキルを持ったDJ」と絶賛していたのが分かった気がします。
最後にHIRO、TERRY、RAIDER、Gioがマイクを回すマイクリレー楽曲のボーナストラック付き。これもまた聴きごたえあり。

 

前作と同様、十分に東北のシーンの凄さを見せつけた作品。これ以降HIROが日本語ラップシーンに向けたこういう取り組みをしなくなっていったのは少し寂しいですが、この2枚だけでも底上げには貢献したんじゃないでしょうか。
まあこの後のNO DOUBT TRACKSの末路を考えると・・・・となってしまいますが、高品質なコンピレーションアルバムであることは間違いないので、日本語ラップが好きな人は勿論、それ以外の人も是非聴いてみてほしいです。

 

M-3「Pledge Of Love」のPV。

youtu.be