読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

オレンジボール / ORANGE RANGE

オレンジボール

曲目リスト

1. 奏重鼓
2. ガジェットグルーヴ
3. キリキリマイ
4. フラワーガーデン
5. 中毒
6. ベロシティー
7. ファンクテューン
8. 奏重鼓(RKDRMX)

評価:★★★★★★☆☆☆☆

沖縄のミクスチャーロックバンド、ORANGE RANGEがメジャーデビュー前にインディーズからリリースしたミニアルバム。
2002年2月22日発売。
この頃のORANGE RANGEはまだ結成したてで、ルックスもそこら辺にいそうな兄ちゃんという感じ。まさかこの頃はあんな爆発的なヒットを遂げるなんてリスナーも本人達も思っていなかったでしょうね。商業的に作られたグループではなく地元の友人たちで作られたグループですし。
そんな彼らの一番古い音源です。

正直に言うと、まだまだ演奏もそこまで迫力はなく、3MCの声の乗せ方も不安定で、個性も出しきれておらず、技術的に見ればそこまで大したことはありません。
かなり粗削りな部分が目立ちます。
そもそもORANGE RANGEは技術的な部分で魅せるグループではなく、リーダーのNAOTOの音作りの面白さや、3MCの世界観などで魅せるグループですが、この作品ではそれも余り感じません。自分たちのスタイルをまだ模索していたのでしょうね。

メジャーデビュー後の「キリキリマイ」と「ベロシティー3000」の原曲が収録されていますが、メジャーデビュー後の勝利ですね。この2曲を聴いた後1stアルバムを聴くと成長を実感できました。

とはいえ、どの曲も一定水準に達しているのは、さすがはRANGEと言わざるを得ません。
M-1「奏重鼓」はタオルを振り回したくなるハジケチューンとしてしっかり成立しており、ライブで盛り上がることは間違いなしでしょうし、M-2「ガジェットグルーヴ」は本作では一番ラップらしいラップが聴けます。韻が比較的RANGEのラップでは固いかも。

個人的に本作で一番価値があるのはM-4「フラワーガーデン」だと思います。この頃のメンバーの声と演奏を一番生かせた曲で、サビと声とメロディの相性が非常に良いです。

この作品の楽曲は全てこの作品でしか聴けないので、ORANGE RANGEのファンなら間違いなく買って損はしません。
ただ「これからORANGE RANGEを聴いてみよう」という人には余りおすすめしません。
ORANGE RANGEファン向けの作品だと思います。
ORANGE RANGEビギナーの方はまずはメジャーデビュー後の作品をおすすめします。

M-7「ファンクチューン」のLIVE映像。
youtu.be