読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りくぼーの日記

近況、雑談、その他諸々を適当に綴っていきます

動物愛護ってなんだ(2) ~肉食反対について~

こんばんは。りくぼーです。

社会人になって1ヶ月ちょっと。相変わらずはてなでブログ回りなどができていない日々が続いております。

誠に申し訳ございません・・・。



さて、今回は前回から書いている動物愛護のことについて、第2弾。

今まで3回このテーマについて書いてきたので、今回で4回目ですね。



↓過去記事

rikubo3270.hatenablog.com

rikubo3270.hatenablog.com

rikubo3270.hatenablog.com



一応前と同じ説明をしておくと、僕は「動物愛護」について考えれば考えるほど、こんな疑問が浮かんできています。



「動物愛護って、そもそも何だ。」



色々な人のブログや考えを見れば見るほど、知れば知るほど、「動物愛護」っていうのが分からなくなるんです。

というのも、「動物愛護」の活動や主張って色々あるじゃないですか。



「動物園や水族館反対」

「肉食反対」

「毛皮反対」

「ペットの里親探し」

「野良犬や野良猫の保護」

「殺処分反対」

「イルカ漁・捕鯨反対」

「動物福祉の浸透」



まあ代表的なのはこれくらいでしょうか。

個人的にはどれも、まあ分かります。

表面的に見れば、どれも命を救うことに繋がりそうですからね。

ただしあくまで「表面的に見れば」です。

どれもよくよく考えてみると、ちょっと矛盾している、本当に「多くの命を救えるのか」「動物のためなのか」というとかなり怪しいんです。

今回の記事ではそれについて今挙げた項目ごとに考えてみます。



流石に全部を一つの記事にまとめるのはすごく長くなってしまうので、一つ一つ取り上げていきたいと思います。

今回は「肉食反対」についてです。

・「肉食反対」



「畜産の現状は世界一悲惨です!お肉をやめよう!」

「動物はあなたのごはんじゃない!」

「肉は毒!ベジタリアンの方が健康です!ベジタリアンになろう!」

ということだそうです。



個人的にはこの主張自体「うーん」って首かしげざるを得ないんですよね。

雑食動物の人間が生まれた時から行ってきたことを真っ向から否定してる主張ですから。

その中でも疑問に感じる主張についてちょっと僕の考えを述べていきたいと思います。



・「人間は体のつくりからして草食動物だ!」



これはいくつか本もでていますよね。

数年前に若杉友子氏の「長生きしたけりゃ肉は食べるな」なんて本がヒットしましたし。

(その本のすぐそばに「肉を食べる人は長生きする」っていう本が置いてあって吹き出したのが懐かしい思い出)

正直言うと僕はこの主張は流石に無理があると思います。

もしそうなら「肉や魚などの動物性のものを食べないとサプリなどで補わないといけない栄養素がある(ビタミンB12とか)」のはおかしいでしょう。

肉食動物や草食動物がそれぞれ肉や草しか食べずに生きることができるのは、それぞれ食べないものに含まれる栄養素を体の中で作ることができるからです。

でも人間に肉に含まれている栄養素を体の中で作れるなんて話は聞いたことないですし(ビタミンは日光に当たったりして作れるものもあるそうですが)、上のようなビタミンB12などをサプリメントなどで摂っているベジタリアンの方やヴィーガンの方がいる現状がある以上、流石に無茶な言い分でしょう。

「肉食動物は動物の毛や皮も食べられる身体のつくりになっている!人間はそうじゃない!だから草食動物だ!」という意見も見たことがあります。

しかしこれってただ単に人間がそういう食べ方をしなくなったから、そういう風に身体が進化しただけ、っていう可能性が高いんですよ。

親知らずの生えない人が少しずつ増えてきていますよね?

それと同じです。

例えば日本だとカタツムリを食べる文化なんて今はありませんけど、縄文時代辺りだったかな?その頃の日本人と思われる遺骨の胃の方からカタツムリの殻と思われる化石が出てきた、なんていう話もありますよね。

これはあくまで推測ですけど、石器時代とかその辺は普通に毛や皮も食べてたんじゃないですかね。

肉を捌くような繊細な包丁のようなものはなかった時代ですが、上のカタツムリの件とか貝塚とかそういう動物を食べてた形跡って無数に発見されてますし。



・「肉は成長促進剤などの凄まじい毒性のある化学薬品が使われている!」

・「畜産業界は利権まみれです!それに加担しないためにもお肉をやめましょう!」



この2つに関しては、「いや、それはお肉だけの話ではないと思いますよ。」の一言ですね。



肉食反対活動家の方々が食べている野菜だって化学薬品並みに毒性がある農薬が使われている可能性があるわけです。

それにそれはそういった危険な薬品を食肉会社に流通させるようなシステムが問題であるわけで、「だから肉食うな」は視点がずれているのでは。



利権に至ってはもはやパチンコ業界や教育業界など様々な業界にあるわけで、肉食業界がなくなってもなくなるようなものではないでしょう。

上と同じくこれもそのようなものを存在させている社会のシステムに問題があるわけで、食肉を標的にするのはずれているような。



・「なぜ日本は体調不良の国民が多い病気大国となったのか!?それは肉食を始めとする欧米化した食事が原因です!」

・「生活習慣病の源は肉食です!」



これは簡単な問題です。

何で体調不良の国民が日本には多いのかって?

それは平均寿命が延び、高齢者の人口に対する割合が高まり、高齢化社会になったからです。

長く生きていれば体にガタが出てくる人が増えるのは当たり前です。

何で生活習慣病患者や癌患者が増えたのかって?

それは生活習慣病や癌にかかる人の割合が高くなるほど日本という国の衛生面や病気に対する理解が深まり、感染症などの危険が減ったからです。

だいたい病気はいくつもの原因が重なって起こることなので、単純に「これが悪い!」なんて一概に言えるものではないんですよね。

そもそも肉にしろ野菜にしろ食べすぎたり危険な食べ方をすれば身体に悪影響を及ぼすのは当たり前の話で、悪いのは肉ではなく食べ方や食べ合わせだったりするんですけどね。後他にはストレスなども影響しますし・・。

これも「肉」を悪者にするのは無理があるのでは・・・。



・「畜産は環境破壊の元凶!動物虐待の宝庫!だからお肉をやめよう!」



まあ、家畜のげっぷは確かにCO2の量がすごいと聞いたことがあります。

実際に肉食は植物を食べるより植物を消費しているといわれるのも畜産で家畜のえさにする穀物の量がすごいからなんですよね。

それで環境を破壊する畜産辞めろと・・。まあ、ここまでならまだ分かります。



でも、そこからなぜ「肉食をやめろ」にまで発展させる必要があるんでしょう?

菜食は確かに畜産で作られた肉に比べればエコな選択かもしれません。

でも野菜を作る農耕も、確実に環境を破壊している行為ですよね。

木などを伐採して農耕地帯を作らなくてはいけませんし、野生動物が現れたら撃ち殺さなくてはいけません。

じゃあ何が一番エコかっていうと、「野生動物を殺して食べること」です。

木を伐採したりもしないし、CO2などを出す量も農耕や畜産に比べたら少ないですしね。

畜産による環境破壊を訴えるなら、むしろそういう野生動物を食べるのを推進する方が筋は通る気がするんですが。



あと動物虐待の宝庫っていうのも、確かに動物を暴力的に扱う畜産業者もいるかもしれませんが、福島で丹精込めて育てた牛が殺処分になったときの畜産業者の方の悲しそうな顔を見ると、暴力的に扱っている業者がそんなにいるとは思えないんですけどね・・。

よく活動家の方が虐待映像をブログやデモで流していますけど、あの映像って本当に現実の畜産の現場の映像なんですかね?

真実だと思って拡散した映像が、実は映画の1シーンだったなんて例もありますからね。

そもそも「畜産=悪」と考えてしまうのもちょっと考えものです。

ねむれないさめさんの記事のコメントでもあったのですが、(多分こちらの記事だったかな?コメント欄が現在は閲覧できませんが、言及失礼します)

nemurenai-same.hatenadiary.jp

肉食反対活動家の方が野菜をあの値段で買えるのも家畜の糞などを肥料として使えているためコストダウンできている野菜があるからですし、

上で書いた野生動物のことも逆に考えると「畜産があるおかげで野生動物を食べる必要が減っている」とも言えますよね。



・まとめ



というわけで、「肉食反対」の主張についてそれぞれ思うことを書いてみました。

ちなみに僕がこういった主張をなさっている活動家の方を見て一番違和感を感じるのは、



畜産や肉食がなくなったら、そこで働いている人間はどうするのか」、

畜産や肉食がなくなったら、今いる家畜たちはどうするのか



という部分が全く抜け落ちているところなんですよね。



畜産やめて肉食やめてはいおしまいでは、失業者が大量に出て自殺や餓死してしまう人もいるでしょうし、家畜なんて1頭残らず殺処分されてしまうと思うのですが。

「そうなったら自分たちが失業者を全員食わせてやる!」

「そうなったら家畜はみんな自分たちが面倒見ます!」

というのなら筋は通りますけど、そんなこと言ってる活動家の方なんて見たことありませんし。

そんな活動が、果たして動物愛護になるのか。疑問です。

活動家の皆さま、気分を害したら申し訳ございません。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからもよろしくおねがいします。

「動物愛護」ってなんだ(1) ~動物園、水族館について~

こんばんは。りくぼーです。

GW中盤ですね。

皆さん、いい休日を過ごされておりますか?

僕は社会人になって初めての長期休暇ということで、まあ色々やっております。

相変わらずブログ回りが出来ず申し訳ございません。

一昨日は今研修でやっているところをちょっと家でもやってみようかなと思ったんですけど、ローカルサーバーへのデータベースの接続が思うようにいかず、機能は仕事のことは忘れて祖母と祖母のご友人を乗せてドライブをしてきました。

どこもかしこも混んでいて、昼食は帰りにコンビニで買って家で食べました・・・。

まあGWなら、これくらいの混み具合でないとむしろ困りますけどね。

お金が日本に落とされて、経済が回るのはこの上なくいいことですから。



さて、今回は久しぶりに動物愛護のことについて書きたいと思います。

本当は昨日のうちにこの記事を投稿する予定だったのですが、PCの調子が悪く、今日の投稿になってしまいました。

今まで2回このテーマについて書いてきたので、今回で3回目ですね。



↓過去記事

rikubo3270.hatenablog.com

rikubo3270.hatenablog.com



ねむれないさめさんが、今年の6月に行われるらしい「肉食反対デモ」という動物愛護の方々の活動について記事を書いておられました。

(言及失礼します。あと言及させて頂くのにブックマークの方の文章を2回編集してしまい申し訳ございません・・・)

nemurenai-same.hatenadiary.jp



内容に関しては全くもって共感する内容です。

僕も動物愛護方面の方たちの行動に疑問を抱いていた一人である、というのも大きいかもしれませんけどね。

僕も動物福祉が増えていけばいいなと思いつつも、普通にスーパーで買った卵やお肉を食べている身なので、なるべくしっかりとした生産をされているお肉や卵を購入されているねむれないさめさんはすごいなあ、と思ってしまいます。



それはさておき、僕は「動物愛護」について考えれば考えるほど、こんな疑問が浮かんできています。



「動物愛護って、そもそも何だ。」



色々な人のブログや考えを見れば見るほど、知れば知るほど、「動物愛護」っていうのが分からなくなるんです。

というのも、「動物愛護」の活動や主張って色々あるじゃないですか。



「動物園や水族館反対」

「肉食反対」

「毛皮反対」

「ペットの里親探し」

「野良犬や野良猫の保護」

「殺処分反対」

「イルカ漁・捕鯨反対」

「動物福祉の浸透」



まあ代表的なのはこれくらいでしょうか。

個人的にはどれも、まあ分かります。

表面的に見れば、どれも命を救うことに繋がりそうですからね。

ただしあくまで「表面的に見れば」です。

どれもよくよく考えてみると、ちょっと矛盾している、本当に「多くの命を救えるのか」「動物のためなのか」というとかなり怪しいんです。

今回の記事ではそれについて今挙げた項目ごとに考えてみます。



流石に全部を一つの記事にまとめるのはすごく長くなってしまうので、一つ一つ取り上げていきたいと思います。

今回は「動物園・水族館」についてです。

・「動物園や水族館反対」



「動物たちが本来いるべき場所は野生!死ぬまで檻に監禁するな!」

「動物を不当に拘束している!」

「動物は見世物じゃない!」

という理由からだそうです。



まあ、分からなくないですよ。

でも、水族館と動物園は絶対的に動物愛護に反する施設かと言われたら、「そうとも言えないんじゃ」っていう気がします。



確かに野生の動物と違って自由に動くことはできません。

しかし、動物園の動物って、衣食住は間違いなく保証されますし、何よりも外敵に狙われる心配は全くないんですよね。

草食動物は、野生の場合だと常に肉食動物に狙われる危険もあるじゃないですか。

希少な草食動物なんて、下手に野生に返したら絶滅する可能性も十分あるでしょう。

動物愛護の方たちのブログを拝見させて頂くと「弱いものいじめをやめろ!」という信念のもとやっているんだろうなあ、と感じるのですが、野生ってまさに弱肉強食の世界ですよね。それこそ人間が生まれるずっと前から。

弱いものは強いものの餌となり、弱いものは絶滅し、強いものが栄える。

当然のことながら現在もそれは「進行中」なわけです。

そんな世界に固定概念だけで「返す」ことが果たして動物愛護になるのでしょうか・・・?

肉食動物だってそうですよ。野生に返してもし不用意に人間が住んでいる地域にでも出てきたら、有無を言わさず殺されてしまいます。

熊を殺したりするのに文句を言う活動家がいますけど、それだったら尚更動物園に反対するのはおかしいのでは?

動物園などでしっかり管理されていれば、熊が畑に降りてくるなんて確率は格段に低くなるわけですから。



ちょっと話がそれますけど。



「人間が熊を襲うんだから熊が人間を襲っても文句は言えない。山で暮らさなければいい話だ」という書き込みをyahoo知恵袋でみましたけど、それもなんかなあって思います。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

都市部の人たちがそういった野生動物に襲われるという心配がない生活を送れているのは、かつて先人たちが沢山の生き物を犠牲にし、知恵を絞って凄まじい労力をかけて「野生動物に襲われる心配がない生活を送れる地域」を築き上げたからです。

もう一つ、山や山のふもとに住んでいる人がいること自体が都市部に野生動物がやってこないという理由でもあります。

都市部に到達する前に、そういった人たちが野生動物に対して処置を行っているわけですから。

都市部にしか人間が住まなくなれば、野生動物に襲われる人間はいなくなるのでしょうか。

いえ、「都市部では野生動物に襲われない」という概念が崩壊するだけなのでは。

その恩恵を享受しておきながら、自分は無関係なんていう顔をして、今もその問題と戦っている人たちに対してこんな言葉をかけるのは・・・ねえ。

話がそれましたね。動物園・水族館に戻りましょう。



動物園や水族館で働いている人たちも、同じだと思うんです。

何か新しい動物が入ってきた時はそれに合わせた檻や水槽を設計して、動物ごとにその動物に合わせた触れ合い方を心がける。

動物園や水族館の動物が亡くなったとき、誰よりも悲しむのはそこで面倒を見ていた、動物園や水族館の方です。



ねむれないさめさんも仰っていましたが、山のふもとで野生動物と向き合う猟師の皆さんや、動物園や水族館で働く方々は、そこら辺の動物愛護の方たち(もちろん僕も含みます、まあ僕はそんな動物愛護なんて特にしてませんけど)よりよっぽど命に対して誠実に向き合っていると感じます。



やたらとそういった人たちを非難する動物愛護の方たちに疑問を持つのもそこなんですよね。

というか一部の過激な活動家の方々の動物園や水族館に対する言動はもはや動物園や水族館で働いている方たちへのヘイトスピーチじゃないかと思うんですけど、何で在日朝鮮人や中国人たちへの批判をヘイトスピーチヘイトスピーチだと言っている方々はこの動物園や水族館で働いている方たちに対するヘイトスピーチに声を挙げないんでしょうね。

専門外なんでしょうか。



ということで、今回は「動物園や水族館はいらない」という意見について疑問に思った点と僕の考えを並べてみました。

動物愛護活動家の皆様、気分を害されたら申し訳ございません。

次は「肉食反対」について取り上げてみようと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

あの国がまた・・・

こんばんは。りくぼーです。

もうそろそろ社会人になって1ヶ月ですね。

皆さんのブログを回ったりできず本当に申し訳ないです。

毎日更新できる皆さんは本当にすごいなあ。

目標ですね。



にしても、今朝、あの国がまた笑えないことをやってくれましたね。

headlines.yahoo.co.jp



「失敗で良かったー」なんて言ってる場合ではありません。

何というか、本当に戦争起こりそうな雰囲気になってきましたよ。

平和活動家が「話し合いで解決するべき!」と仰っていますよね・・・確かにそれで解決できれば越したことはないですけど、話し合いが通用する相手とはとても思えないですよ・・・。

今までの行動を見る限り。



日本は「断じて容認できない」ということしか出来ないのが・・・ね。

何とも歯がゆい。日本にミサイルが来るかもしれないのに。身近な問題なのに。

結局のところこっちから戦争を仕掛けなくても、向こうから吹っ掛けられて一方的にミサイルとか打たれたら結局戦争になりますよね。

今は「そうなるかもしれない」状況なわけです。

国防の大事さを今ほど思い知ったことはないかもしれません。正直日本に米軍がいなかったらどうなっていたんでしょう・・・。

とにかく今出来ることをやるしかないでしょうね。

必要に応じて法改正も必要になると思いますが。

僕たち国民も警戒の意識を強めなくてはいけませんが、トランプ大統領や安倍総理などの各首脳の手腕に最終的に掛かっていますね。

果たしてどうなることやら。



社会人になって1ヶ月になろうとしていますが、初の社会人生活の他にも気にしなくてはいけないことがある。そんなことを感じた月でした。

今までが平和ボケしすぎていただけで、今の緊張感が常にある状態がある意味正常なのかもしれませんが。

日本が戦争しなかった期間も、イラク戦争朝鮮戦争などはあったわけですし。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

社会人3週目終了

こんばんは。りくぼーです。

社会人3週目終了しました。まだ勉強の段階で本格的な仕事をしているわけではないのですが、一応終了しました。

最近全くブログ更新やブログ周りが出来ておらず申し訳ございません。

慣れたらできるようになる・・・でしょうか。

本当に申し訳ないです。

新社会人3週目、まだまだ学ばなくてはいけないことはいっぱいです。



しかし世間を見ると、ギョッとしてしまうような新社会人はいるのですかね、やはり。

Yahooニュースでこんな記事を見つけました。

headlines.yahoo.co.jp



とりあえず読んで思ったのは、「この新入社員ひどいなー」以前に、

この新入社員、「実在」するの?実在する人物なの?」でしたね。

以前TVでやっていたニート特集なんかと同じで、やらせの匂いが思い切りするんですよね。

僕は1995年生まれで、世代的には最後のゆとり世代になるんですが(僕の1歳下からは「さとり世代」でしたっけ。まあ個人的にこういう世代みたいな感じで呼ぶのは心底下らない概念だと思っていますが・・・「子ども」「若者」「中年」「老人」の4パターンで十分なのでは?)、こういう記事でゆとり世代と言う言葉に変なイメージを植え付けてほしくないなあ。

僕より年下の人たちは自分たちより優秀だなあと思うことが多いのは事実ですけどね。

最近の記事でも書きましたけど、本当に「自分以外はみんな師匠」です。



既に公開されてしまった記事にこれ以上グダグダ言うのもしょうがないので、とりあえずこういうのを見たら反面教師にできるようにしたいですね。

とりあえず来週も頑張ります。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

姉と祖母の誕生日祝いでした

こんばんは。りくぼーです。

今日は姉と祖母の誕生日祝いでした。

誕生日は今日ではないのですが、近いので休日の今日のうちにやったのです。

お寿司屋さんからお寿司を買い、シャンパンを開けました。

二人への誕生日プレゼントは図書カードにしました。

定番かもしれませんけど・・・。



社会人になって2週間。

色々なことがありますけど、こういう時間は大事にしたいものですね。

↓ちなみに今年度初めての感想記事は湘南乃風の1stアルバムです。時間があるときはご覧ください。

rikubo3270music.hateblo.jp



最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

支えてくださる方々に感謝、そんなことを感じた社会人2週目。

こんばんは。りくぼーです。

社会人2週目が終わりました。

まだまだ勉強で本当の仕事はしていませんが、楽しさはあります。

しかしながら毎日の疲れは相変わらずで、皆さんのブログもあまり見ることが出来ていませんし、ブログの更新頻度も激遅、コメントの返信も遅めです。

申し訳ございません。

それでもいつもブログを見てくださる皆様には感謝の言葉しかありません。

本当にありがとうございます。



とにかく今週は色々な人に感謝せざるを得ない週でした。

企業の方々は皆さん素敵なお方ばかりで、いつも支えてもらっています。しどろもどろな対応や失敗をしてしまった時もしっかりアドバイスを頂けますし、非常にいい雰囲気で出勤できています。

同期の人も僕より年下なのにお手伝いをして貰えることもあり、助かったことも・・・。

支えてくださる家族や友達にも・・・いや、人の支えって大きいですね。



そして今日駅に行くとき。

僕は駅まで自転車で通っているのですけど、その途中の交差点で僕が渡ろうとした時に信号が点滅してしまったので、信号待ちをすることになったのです。

そして信号待ちをしている時に、横断の時の交通整理をしている地域の方、警察官の方に話かけられました。



「これからの日本をしょって立つんですから、頑張ってくださいね。」

「困ったときはいつでも私たちを頼ってくださいね。」



・・・といった、力強い応援の言葉を頂きました。

これからの日本は大変ですから・・・」なんていう話もされましたが・・・。

(確かにアメリカとか中国とか最近本当にやばい雰囲気になってきましたね。話し合いで解決できそうに無い国が身近に3ヵ国ほどある日本も他人ごとではないのでは。)

自分がどれだけ他の人に支えてられてるのかを実感しました。



皆さん、本当にありがとうございます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

自分以外はみんな師匠

こんばんは。りくぼーです。

社会人デビューしてから10日がそろそろ経ちます。

慣れてはきたのですが、やはり夜はクタクタになりますね。

学生時代は終わった後に結構ウォーキングなどもしていたのですが、今はそんな気力が残っていません。

ただ、きのせいか夕食が学生時代よりおいしく感じます。



自分以外はみんな師匠」なんていう言葉がありますが、社会人になってからつくづくそう感じる言葉です。

僕の他にも新入社員がいるのですけど、僕より年下なのに僕より気が利いてて色々な所に目が向いているんですよ。

みんな僕には出来ないことを平然とやれるんですよね。

日々人生修行です。

前も書きましたけど、毎日社会人生活をしてブログを更新できる皆さんには本当に尊敬の念しかありません。



僕もそうなるために精進・・・ですかね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。